組織体制

ヤマハ労働連合会 組織体制

ヤマハ労連の加盟団体・関連団体をご紹介します

ヤマハ労働連合組合会の構成組織(1.2万人)

ヤマハ労連はヤマハ発動機グループにある10の労働組合とオブザーバー加盟の1労働組合で構成されており、自動車産業の労働者で構成される自動車総連に加盟しています。

自動車総連の構成組織(79.7万人)

自動車総連は、企業グループ別の“労連”が結集した組織であり、12労連(1,200組合・766,000人)で構成されています。
さらに自動車総連を通じて、連合や金属労協などに加盟し、多くの労働組合と連帯を深めながら、働く者の経済的・社会的・政治的地位の向上に取り組んでいます。

全トヨタ労働組合連合会35,8000人
全日産・一般業種労働組合連合会125,000人
全国本田労働組合連合会78,000人
全国マツダ労働組合連合会48,000人
全三菱自動車・三菱ふそう労働組合連合会36,000人
スズキ関連労働組合連合会30,000人
SUBARU関連労働組合連合会29,000人
全ダイハツ労働組合連合会28,000人
全国いすゞ自動車関連労働組合連合会19,000人
日野自動車関連労働組合連合会18,000人
ヤマハ労働組合連合会12,000人
日本自動車部品産業労働組合連合会16,000人
ページトップ